アンコールワットとシェムリアップ

resize2455.jpg
シェムリアップはアジアの中でも特に気に入った街のうちの一つ。
偶然の幸せな出来事もいろいろありました。
resize2793.jpg
とってもすばらしい仲間との出会いがあったり、日本語学校に併設された宿泊所に泊まっていたときには学校全体の忘年会があり、お呼ばれされてただで生徒や職員たちと飲み食いして騒いだり、風邪をひいてしまったときは水シャワーではかわいそうだからって高級ホテルに泊まっている人がお風呂を使わせてくれたり等など
なんだかギューっと凝縮された楽しい旅でした。
resize2781.jpg
おしゃれなカフェで朝食♪
そして今後行く人のためにホントにちっちゃな豆知識をひとつ
アンコール遺跡群を見るためにはかなり高額のチケットを買わなくてはなりませんが、検問所で気球に乗るだけだからと言ったらチケットなくても通してくれました♪
各遺跡の前で再チェックがありますが、渋めの遺跡のなかにはノーチェックの所も…
ですからいったん検問を通ればそのあとは…な~んて
実際自分の場合チケットが無かったのは最終日で時間がちょっと余ったから行ってみただけで、その前の数日間はじっくり正規チケットで周りましたよ。
resize2518.jpg
その時は団体さんがいなかったので1人で貸切り♪
11$したけど、乗ってよかったな~って思ってます!
resize2529.jpg
こちらは空から見たプノンバケン。
プノンバケンと言えば、映画「地雷を踏んだらサヨウナラ」で浅野忠信演じる一ノ瀬泰造がクメールルージュの支配するアンコールワットを初めて見たシーンが印象的です。
そのシーンと同じ構図で撮ってみました。(たぶんこんな感じだったと思う…)
resize2498.jpg
うっそうと茂るジャングルは一緒…
違うのはクメールルージュがいないこと。
カンボジアはやっぱりこの数十年の出来事を知ってから来ると、より印象深い旅になると思います。
そして、こちらがプノンバケンから見た夕景
resize2495.jpg
この風景もずっと昔から変わっていないんでしょうね…

コメント

  1. なんちゅ より:

    地平線も見えて、すごく壮大な感じ(^_^)
    気球、一度は乗ってみたいなぁ。
    ちょっと怖そうだけど…。

  2. asian.tea より:

    友達に聞いたんだけどね、その後これ落下事故があったらしい…
    被害の詳細はわからないんだけどね。。
    確かにちょっと怖い~

  3. ちあん より:

    治安的にアンコールワットは、早めに見ておかないと!!
    いい写真ですね。高いところは苦手だけど、気球乗ってみたい。

  4. asian.tea より:

    先日、タレントさんがこの気球に乗っているのをテレビで見ました。
    彼は時間が無くてアンコール遺跡群に一つも入れなかったのにチケットを買っていました。
    まさにこんなときに使える技だったのですが…
    どの遺跡も大変素晴らしいので、ちあんさんはぜひ時間に余裕をもって行ってください。

タイトルとURLをコピーしました