シェラトン インペリアル クアラルンプールのモーニングビュッフェ

スポンサーリンク

シェラトンインペリアルクアラルンプール宿泊記 vol.3

つづいては、シェラトン・インペリアル・クアラルンプールの朝食についてレポートします。
クラブラウンジでも、朝食をいただくことはできるのですが、こちらは前回滞在時に、かなり気に入った朝食ビュッフェだったので、ラウンジはパスしてこちらでいただくことにしました。

朝食ビュッフェは吹抜けの開放感あふれるレストランで

数フロア分の吹抜けで開放感抜群のレストランです。

大きな柱はまるで巨木のようにそびえています。

館内はとても広くて、吹抜け以外のエリアにも料理コーナーが点在しています。

テーブル周りのデコレーションは中華っぽさも感じますね。

類を見ないレベルの品数の朝食

それでは、並んでいる料理のほうを見ていきましょう

まず、なんと言ってもうれしいのは、本格的なカレーがたくさんなこと。

インド系の住民も多いマレーシアならではですね。

中華コーナーでは麺や具材をチョイスして茹でてもらいます。

僕はよく、こういうパンを使ってサンドイッチにしていただくのですが、こちらは最初からサンドされて提供されていました。

巻きずしもありました。

お洒落なカップデザート。

ワッフルやホットケーキは焼き立てが次々と提供されています。

パンも種類豊富、もちろん写っているだけではなく、もっとたくさんの種類がありました。

右に移っているのはアイスクリームコーナー。

こちらは、オーダーメイドジュースのコーナー。
フルーツや野菜を指定するとその場で絞ってジュースにしてくれる、とっても贅沢なコーナーです。

盛り付けが相変わらず散らかっててお恥ずかしい。
いろんな種類のカレーをちょっとずついただきました。

asian.tea
asian.tea

僕が勝手にカレーと総称しちゃってますが、これは、さまざまな香辛料で味付けをした肉や野菜の煮込み料理がたくさんあるってことなんです。

もちろん、デザートもたっぷりといただきました!

ちなみに、朝食ビュッフェは当日申込の場合は58リンギットとなっていました。
この内容でその価格だとすると、全然お得な料金設定なんじゃないでしょうか。

(おまけ)シェラトンオリジナル高級月餅

朝食会場の入り口では、シェラトンのオリジナル月餅が販売されていました。

月餅の包装がひとつづつ金具までついた箱で、それがさらに真っ赤なボックスに入っています。

asian.tea
asian.tea

これは、もったいなくてなかなか食べられない系のものだなぁ

コメント

タイトルとURLをコピーしました