香港エクスプレスで深センへ! ヒルトン深セン福田滞在記

高雄の旅行の報告の途中ですが、先日、香港エクスプレスを利用して香港&深セン旅行に行ってきました。
目的は、通称「中国の秋葉」華強北路で電気小物、東門街で洋服とカバンのショッピング!
そして、もう一つは昨年オープンしたばかりのヒルトンホテル。「ヒルトン深セン福田」に宿泊することです♪
まずは、香港へ向かうまでの諸々をご報告。
今回のフライトは羽田午前6時半出発という早朝便。
当然、当日の朝に家を出ても間に合うわけがありません。でも空港のロビーで夜明かしもちょっとつらいなぁ。
そこで、考えました。
香港エクスプレスは搭乗の48時間前からオンラインチェックインが可能です。
今回の旅行はチェックイン荷物は無いので、事前にチェックインして前の晩から出国審査を済ませて、24時間営業のカードラウンジである「スカイラウンジ」でウトウトしながら出発を待とうという計画を立てました。
そして、オンラインチェックインにトライしましたが、なぜかフライトが選択出来ません。
いろんなブラウザで試したけどダメで、これは空港ロビーもやむなしか・・・
と思ったところで、スマホのアプリでやってみたところ、すんなりチェックインOK!
搭乗券がプリントアウトできずに、スマホにバーコード表示のみなのが若干の不安材料ではありますが、これでなんとかラウンジ案が実現できそうです。
ところが、搭乗前日(つまり羽田に行く日)、体調を崩し午後6時の時点で38.5度の熱!
朝から、調子悪い中この後の休暇の為に何とか働いて帰って来たのですが、平熱が35度台の私にはこれはどうにもやばい状態。
そこで、ギリギリまだやっていた近所の医者に駆け込み、「これから羽田なんで、何とか熱を下げてください!」ってお願いしたところ、「は?だれが?」「え?これから?」「見送り?」「え~!?」というドクターの発言のあと、「じゃあしょうがないから、点滴して薬を多めに出しておくよ」との事。
そういうわけで、午後8時半ころフラフラしながら羽田に向かって出発したのでした。。。
ありがとう。ドクター。
羽田に着くと、香港エクスプレスは深夜便もあるらしく、カウンターが開いていました。
そこで、「明日朝便だけども、このバーコードだけで出国しちゃってOKですか?」と尋ねたところ、OKとの事。荷物カウンターもあったので、もしかしたら荷物があってもこの時点で預かってもらえたかもしれません。確認はしませんでしたが。
ということで、スマホのバーコードのみで出国。
出国審査場を過ぎてすぐ目の前のスカイラウンジに到着です!あ~大変だった。。
2016shenzhen (9).JPG
羽田国際線ターミナルにはスカイラウンジとスカイラウンジアネックスという2つのラウンジがあります。アネックスの方が広くて良いのですが、そちらは午前1時までの営業との事。
スカイラウンジの方はちょっと手狭な感じです。
2016shenzhen (7).JPG
それでも、柔らかなソファーに腰かけて身体を休めました。
さらに、ラウンジの奥の方にこのようなリラックスできる席が4席のみあるんです。
たまたま2席空いたので、途中からこちらに移り4.5時間仮眠することが出来たのでした。
2016shenzhen (5).JPG
そして、午前5時半頃、ラウンジを出ると、いきなり我々の名前が放送で呼ばれています!!
なんだなんだと急いで搭乗口へ向かいました。
そしたら結局、「こちらをお持ちください」と紙の搭乗券を渡されたのでした。
う~ん、まだ搭乗手続きのルールがあいまいなんだなぁ~
まぁ、そんなこんなで何とか飛行機には乗れまして、その頃には体調も大分回復したのでした。
2016shenzhen (11).JPG
香港国際空港に着くと軽く朝食。空港のマックにはオシャレなケーキやサンドが沢山。
日本のマックカフェはケーキの種類が少ないよなぁ。
2016shenzhen (17).JPG
さぁ、バスで深センに向かいますよ~
2016shenzhen (19).JPG
これはエアポートエクスプレス乗り場。ここを右に曲がり通路を進みます。
2016shenzhen (22).JPG
2016shenzhen (23).JPG
そのまま外に出ると、バスターミナルの表示。
ここを左に行ってすぐがバス乗り場。
2016shenzhen (25).JPG
一番手前にあるA43が深センに向かうのに便利な「上水駅」に向かうバスです。
2016shenzhen (26).JPG
※事前にオクトパスカード(Suicaのような交通カード)を購入、チャージをしておくと便利です。
料金は30.9HK$です。
大体20分毎くらいでやって来ます。
車体は香港といったらの2階建てバス。
2016shenzhen (28).JPG
もちろん、2階の最前列をゲット!
2016shenzhen (29).JPG
でも、最前列のみシートベルト着用が必要ですよ。
香港ディズニーへの分岐。
2016shenzhen (31).JPG
いつかちょっと見てみたいものです。
香港市内と深セン方向への分岐
2016shenzhen (33).JPG
40分程で上水に到着です。
2016shenzhen (34).JPG
バスを降りるとすぐ目の前が駅の入り口。便利です。
2016shenzhen (35).JPG
羅湖行きと落馬洲行きは同じホームから出ます。
2016shenzhen (37).JPG
前回の深センは、羅湖駅前のシャングリラホテルだったので羅湖を使いましたが、今回の福田地区は落馬洲の方が近いので、落馬洲へ向かいます。
電車の頻度は羅湖2本に落馬洲1本って感じの割合です。
2016shenzhen (36).JPG
落馬洲に着きました。
2016shenzhen (38).JPG
2016shenzhen (42).JPG
香港の出国審査、中国の入国審査は最近は自動化ゲートを利用する人が増えているので、あまり混んではいませんでした。ただし、落馬洲では外国人専用のゲートはなく、自動化ゲート以外の現地の人と同じゲートです。その表示がわかりにくくて少し手間取りました。
今回、この落馬洲で深センの交通カード。「深セン通」を購入しました。
前回思ったのですが、駅のチケット販売機が非常に使いにくく、混んでることも多いので、次回は絶対購入しようと思ってたのでした。
早速、地下鉄にのり数駅、一回乗り換えてヒルトン福田ホテル最寄りの「崗厦北」へ到着です。
A出口にヒルトンの表示があります。
2016shenzhen (43).JPG
ようやく到着!
2016shenzhen (44).JPG
次回は、ヒルトン深セン福田についてレポートします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました