明星釣蝦広場 高雄のエビ釣り堀

台湾の夜といえば、「夜市」!
ですが、もう一つの我々の旅の定番、「エビ釣り堀」です。
今回は初上陸の高雄ですが、事前にグーグルマップで調べておいたので簡単に行ってくることが出来ました。
とりあえず、初日の夜はやはり定番の六合夜市に行かなくてはなりませんね。
そういうわけで、六合夜市から歩いてすぐのところにある「明星釣蝦広場」にやって来ました♪
2016taiwan (183)_R.JPG
お店の前にはバイクがいっぱい。
若干近づきがたい雰囲気ではあります。
2016taiwan (182)_R.JPG
店内側から見るととても開放的なことがわかります。
2016taiwan (174)_R.JPG
24時間営業、年中無休だそうでして、だから閉める戸もない、こういう感じなんですかね。
こちらが受付カウンター。
なんと一時間150元!
やはり台北よりも大分安いですね。
2016taiwan (198)_R.JPG
釣り場の雰囲気はこんな感じです。
2016taiwan (172)_R.JPG
2016taiwan (171)_R.JPG
結構広々としています。
2016taiwan (199)_R.JPG
そして、釣り場の後ろには懐かしいアーケードゲーム。
さて、お金を払って竿を借りました。
ちょっと怖そうなおじさんがやって来て、意外と優しくエサの付け方を教えてくれました。
2016taiwan (173)_R.JPG
この鳥のモツは台北のエビ釣堀でも使ったことはありましたが、ここの使い方はちょっと違います。
なんと、肝臓のような内臓の身(?)そのものを使うのではなくて、そこにくっついている腸をビ~っと伸ばして、5㎜程の長さにカットして腸の中に針を通して池に投入するのです。
そんなんで釣れるのかいな~?
2016taiwan (421)_R.JPG
って思ってましたが、すぐに釣れちゃいました。
その後も、アタリは結構ありますが、のせるのがなかなか難しいこのエビ釣り。
それでも1時間で5匹という釣果でした。
2016taiwan (188)_R.JPG
釣った後は、この大型コンロで焼いて食べられますが、我々はまた六合夜市に戻って屋台で美味しいものをいただくので、リリースして徳を積んだのでした♪
2016taiwan (195)_R.JPG
以上、高雄まで来てもやることは変わらない我々でした。
ちなみに翌日の夜も行きました(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました