マレーシア北部の町 コタバル市内を弾丸観光 part2

前回、女性ばかりの市場、シティガディジャマーケットを見学してきました。

そして、残りの観光タイムは30分ほど。

さて、次はどこに行こうかと考えてみたのですが、思い浮かばないので近くにあるツーリストインフォメーションに聞いてみることに。

係員の方が快く迎えてくれて、時間がないならと2か所だけ厳選しておススメしてくれました。

早速歩いて向かいます。

この辺りは旧市街といった感じの街並みで、伝統的な建物が多くみられて歩いているだけでも楽しいです。

おススメの一つ。クラフトミュージアム(Kampung Kraftangan)がありました。

でも、まずはこの先にある一番のおススメだというもう一つのスポットへ向かいます。

いい感じのホテルもありました。

フードコートもありました。

マレーシアではレストランのことをRESTORANと書きます。

日本人にもメッチャわかりやすいw

そして、ツーリストインフォメーションの方の一番のおススメスポットがこちら。

イスタナジャハール(ISTANA JAHAR)です。

どんな施設かというと、昔の王宮がミュージアムになっていて当時の王族や上流階級の生活の様子がわかる施設なんだそうです。

入口付近の売店でチケットを購入します。

外国人はローカルの2倍。

しかし、4リンギット(約120円)とはなんと良心的。

これなら短時間の見学でもOKです。

さっそく中へ行ってみましょう。

ちなみにこの2階のバルコニーは王様が姿を現して国民に手を振る場所ですね。

asian.tea
asian.tea

いや、何かに書いてあったわけじゃなくて想像ですけどw

こういう感じの展示が多数

さっきのバルコニーの近くに来ました。

asian.tea
asian.tea

僕等もバルコニーには出ましたが、手は降りませんでした。。

隣の建物では武器を中心に展示

そして、いかにも上流階級といった天蓋付きベッド

ところで天蓋って何のためにあるんでしょう?

蚊帳を吊るため??

昔のお金ですかね?

こんな無造作に置かれていていいんでしょうか?

レプリカなのか、もやは価値がほとんどないのか。

僕には知る由もありません。。

30分弱の見学で、4リンギット分は間違いなく価値は得られたと満足してミュージアムを後にしました。

つづいて、クラフトミュージアムを数分で見学。

こちらはお土産屋さんを兼ねているので入場無料。

サメの口

これもクラフトなのかな。

ヤシを使ったサル。

うん、これはクラフトっぽい。

その他、いかにもアジアらしいお土産も多数。

こんなに広くて立派な施設なので、時間があればゆっくり見て回りたいところです。

とりあえず売店を見て、トイレをお借りするだけの5分ほどで終了。

クラフトミュージアムの皆さんすみません。

今度来た時は何か買います。。

ここで、予定の1時間半が終了。

通りでタクシーを探して空港へ向かいます。

因みに流しのタクシーはあまりいないので、タクシーを見つけるのに少し手間取りました。

同じように急ぎで行かれる方は、少しだけタクシー探しのための時間を取っておくことをお勧めします。

タクシーで15分程でスルタン・イスマイル・プトラ空港(コタバル空港)に到着。

出発ロビーはこんな感じの田舎さです。

空港にある薬屋さん。
行きに、虫よけスプレーを買おうとしましたが結構高かったです。

チェックインをして、中に進みましたが、プライオリティパスなどで使えるラウンジは無かったので、搭乗口前で待つことに。

すでにここには、クアラ・ブスからのシャトルバスで一緒にここまで乗ってきたバックパッカー達が何人か座っていました。

asian.tea
asian.tea

僕らと一緒にダウンタウンまで来ちゃえば良かったのに~

この通路の奥にはVIP LOUNGEなるものがありましたが、プライオリティパスやアライアンス上級会員とかのためのものでは無いやつです。

asian.tea
asian.tea

ホントのVIPのためのラウンジなんだね~

売店などを見て、暇つぶししてました。

これなら後30分は余裕で観光出来てましたね。

これかなと思ったら別の行き先のでした。

僕等のはこんなカラフルなマレーシアラッピングの機体。

asian.tea
asian.tea

タラップでの搭乗は、じっくり写真撮れるので最高ですね!

というわけで、いよいよ空の上。

行くまでは、情報が少なすぎていろいろ不安だったプルフンティアン島の旅、無事に行ってくることが出来ました。
あとは、何度も行ったことのあるクアラルンプールでのんびり高級ホテルステイなので、旅のテイストがガラッと変わるので、僕等も旅行に2回行ったみたいなもんです。

次回は、シェラトン インペリアル クアラルンプールのスイートルームについてレポートします!

以上、コタバル弾丸市内観光でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました