「ヒルトン横浜」2023年に開業 !!横浜みなとみらいKアリーナプロジェクト

米ヒルトンは株式会社ケン・コーポレーションと「ヒルトン横浜」のフランチャイズ契約を締結したことを発表しました!

ケン・コーポレーションが所有、運営を行うもので、2023年秋の開業を目指しています。

スポンサーリンク

ヒルトン横浜

「ヒルトン横浜」は、ケン・コーポレーションが横浜みなとみらい21地区で計画を進めている『Kアリーナプロジェクト』の一部であり、約2万人を動員可能とする世界最大級の音楽アリーナ「Kアリーナ」のアリーナ棟、「ヒルトン横浜」のホテル棟の他、オフィス棟があり、街区全体を「ミュージックテラス」として名づけた壮大なエンターテインメントプロジェクトとなっています。

ヒルトン横浜 施設概要

同ホテルにはスイートを含む全339室の客室の他、スペシャリティレストラン、オールデイダイニング、カフェ・バーラウンジなどの料飲施設3店舗の他、エグゼクティブラウンジ、フィットネスジム、および宴会・会議スペースを備える予定です。

Kアリーナプロジェクト 施設概要

棟名称アリーナ棟ホテル棟オフィス棟
施設名称Kアリーナ横浜ヒルトン横浜Kタワー横浜
主要用途観覧場(音楽アリーナ)、駐車場等ホテル、店舗、駐車場等事務所、店舗、駐車場等
延床面積約54,090m2約34,850m2約29,740m2
階数/最高高さ地上9階/約45m地上26階・地下1階/約100m地上21階・地下1階/約100m
備考座席数:20,030席客室数:339室貸床面積:約15,000m2

理想のライブ・コンサートを叶える場所として、様々なファシリティを備え、フレキシブルな客席プランや設営・撤収に配慮した「使いやすさの追求」と、大規模な吊り込みへの対応や良質を追求した音響空間など「多様な演出への対応」を実現します。

Kアリーナ 内観


2万席を誇る客席は、ステージ前方のアリーナに加え、三層構造となるスタンドの全席がステージ正面を向いた扇型の形状で、オーディエンスに囲まれた迫力ある空間と一体感を生みだします。

Kアリーナ アクセス

asian.teaの見解

asian.tea
asian.tea

ヒルトンが横浜に進出です!
特に首都圏のヒルトン・オナーズにとっては朗報ですね。

最近、日本各地でヒルトン開業のニュースがありますが、とうとう僕の身近にもやってきてくれました。(僕は埼玉県民ですが、電車一本で横浜まで行けるので身近感覚なのです)

東京には、ヒルトン東京、コンラッド東京、ヒルトン東京お台場。
千葉には、ヒルトン東京ベイ、ヒルトン成田。
神奈川に、ヒルトン小田原。

国内であまり遠出しない僕がヒルトンに行く場合は、この中からの選択しかありませんでした。
(コンラッドはまだ行ったことナシ。。。)

ヒルトン横浜には、エグゼクティブラウンジも出来るとの事なので、このままダイヤモンドステータスを維持して、開業早々に必ず行ってみたいと思います。

ケン・コーポレーションとは

株式会社ケン・コーポレーションは、高価格帯の住宅・オフィス・事業用不動産の開発・販売・賃貸等を行う会社です。
事業の一部にホテル事業もあり、運営するPremire Hotel Groupでは、ハイアットリージェンシー、マリオット、ヒルトンなど、複数の高級ホテルチェーンのフランチャイズを行っています。
横浜ではすでにハイアットリージェンシー横浜を運営しています。

特にグアムでは、ヒルトンを含む6軒の高級リゾートを運営しています。

リゾートホテルの運営経験豊富なケン・コーポレーションによる「ヒルトン横浜」
もともとポテンシャルの高い横浜という場所で、さらに新しいエンターテインメントスポットである「ミュージックテラス」に出来るヒルトン。

asian.tea
asian.tea

もう、楽しみと期待以外の何ものでもありません!
2年後が待ち遠しいです。
ケンコーポレーションさん、コロナ禍の逆風に負けずに頑張ってください!

ヒルトン・ホテル&リゾーツ公式アナウンス

コメント

タイトルとURLをコピーしました