ヒルトン東京は子連れで楽しめる⁉ヒルトンオナーズ・ダイヤモンドでアップグレードは⁈

あまり長期の休みの取れなかった今回のゴールデンウイーク。
どこも行かないのでは、子どもがかわいそうなので、ヒルトン東京に一泊旅行に行ってきました!

スポンサーリンク

ヒルトン東京 GW1泊旅行

asian.tea
asian.tea

今回の旅の相方は、3歳になったばかりの末っ子(女)。
僕と二人だけでお泊りで出かけるのは初めてなので、かなり不安アリなのです。。

行程としては、あさイチで埼玉北部の自宅から、東武線に乗って横浜みなとみらいのアンパンマンミュージアムへ。
その後、東京方面へ戻って、西新宿のヒルトン東京宿泊といった流れです。

本当は、みなとみらいまで行ったなら、そのあたりの観光施設や中華街なんかも行きたいところなんですが、3歳児がそうはさせてくれませんので、アンパンマンとホテルだけの1泊2日旅行なのです。。

(ちなみに、上の子たちは妻と一緒に別行動です・・)

横浜アンパンマンこどもミュージアム

メインテーマではないので、サラッと触れますが、結構コスパ悪いなぁという印象です。
変動価格制で、GWは大人・子供ともに2,600円でした。
(こどもは1歳から入場料がかかります!)

施設内は、ビルのワンフロアにイベント広場と、ちょっとした遊具、それから、アンパンマンの世界観を再現した街並みがあります。

アンパンマン好きな娘ですが、遊ぶ施設としての魅力はそんなでも無かったらしく、入場して30分くらいで「お外へ行こうよ~」となってしまいました。。

さすがに、それではもったいないので、12時くらいまでは遊ばせて、アンパンマンミュージアムを後にしました。

ちなみに、アンパンマンミュージアムはこのような場所にあります。

なんと、以前記事にした「ヒルトン横浜」建設地のすぐ近くなのです。

asian.tea
asian.tea

ヒルトン横浜の工事の進捗を確認したかったのですが、3歳児連れだとそれも出来ませんでした。。

ヒルトン東京へチェックイン

さて、午前の用事が済んだので、新宿へ移動しヒルトン東京へ向かいます。

コロナ禍でのサービス変更により、エグゼクティブラウンジでのチェックインは現在やっていないとのことなので、1階のレセプションでチェックインです。

Hilton Honorsの専用コーナーは設けられていなかったのですが、14時ちょっと前のこの時間帯はそれほど混んでいなかったのでスムーズに手続き出来ました。

ただし、15時30分頃にロビーを通った時には、ものすごい長蛇の列でチェックインを待っている人たちがいましたので、これは要注意だと思います。
ダイヤモンドメンバーでも、スイート宿泊でもチェックインで何十分も待たされるのでは、気分が台無しになってしまいますよね。(もしかしたら端の方にあったのかもしれませんが、パッと見でわからなければ、最後尾に並んじゃいますから)

さて、僕らは今回、一番お安いクイーンベッドルームを予約していたのですが、ヒルトンオナーズ・ダイヤモンドメンバーなので、もちろんアップグレードされました。
ただし、アサインされたのはキングのプレミアムルーム。
レセプションのスタッフからは、

本日、ジュニアスイートに空きがございませんで、そちらにアップグレード出来ずに申し訳ありません。

とのことでした。

asian.tea
asian.tea

それなら、エグゼクティブルームにしてくれたらいいのに・・・

と思ったのですが、口にはしませんでした。。。

プレミアム キングベッドルームのご紹介

それでは、プレミアムキングベッドルームをレポートします!

31階の高層のお部屋です。
レセプションでは、他の同クラスの部屋よりもちょっと大きめとなっていますと説明のあった通り、室内は長方形ではなく、台形になっていて奥が広くなっていました。

親子二人で泊まるには十分すぎる大きさではあると思います。

ソファはこの赤いのが一人分だけなのですが、結構座り心地良しです。

当日、ベッドガードを頼んだのですが、在庫なしとのことだったので、この赤いソファをベッドの横につけて、子どもの転落防止に役立ちました。

洗面所はいたってシンプル。
トイレと洗面は別の方がいいんだけどなぁ。

バスルームはバスタブ付きで、洗面所とは仕切られているので水撥ねは心配いりません。

部屋の方からはこんな感じにトイレまでメッチャ見えますw

まぁ、一応障子があるので、それを閉めることも出来ます。

asian.tea
asian.tea

僕らはフィットネスにある大浴場を使ったので、お部屋のお風呂は使いませんでした。

部屋の障子を開けるとこんな眺めです。

さすが、西新宿。
デザインされた街並みがキレイです。
緑もたくさん目に入ります。

そういえば、後で気づいたんだけど、ヒルトンオナーズ・ゴールドになって以降、いつもウェルカムギフトがあったと思うのですが、今回はミネラルウオーターが2本置いてあるのみ。
(ダイヤモンドメンバーなのに。。)

さすがに

asian.tea
asian.tea

なぜワシの部屋にウェルカムギフトが無いんじゃ‼

などとは、恥ずかしいので言えずに黙ってました。

エグゼクティブラウンジのティータイムはかなり控えめ

さて、部屋でちょっと落ち着いていたら、時刻は15時になりました。
通常、この時間はエグゼクティブラウンジでスイーツが振舞われる「ティータイム」となります。

がしかし、チェックインの際に確認したところ、現在ティータイムは実施していないと!

一応、15時には焼き菓子程度の簡単な提供はありますとのことでした。

これに関しては、事前情報がなく、とってもガッカリだったのですが、一応どんなものかと見に行ってみました。

さすがに、ゴールデンウイーク中とあって、大混雑。
なんとか待たずに席は用意してもらえましたが、ちょっと写真は撮れませんでした。

そして、提供されていたのは、本当に焼き菓子程度。

ソフトクリームマシンがあったので、多少ポイントアップってとこですかね。
ただ、今回提供されていたフィナンシェは、ロビー階で1個200円で売られていましたので、ちょっとはお得したかなって感じ。
味はもちろん、値段相応に美味しゅうございました。

〈要注意〉プールは予約制です‼

ウチの娘にとって、ホテル宿泊のメインイベントは、間違いなくプールなんです。

休みのたびに「ホテル行きたい!プール行きたい!」ってなってるんです。

そんな、大事な大事なプールタイムなのですが、コロナ禍以降、ヒルトン東京ベイやコンラッド東京でプールに入るのに大分待たされた経験があったので、今回はチェックイン後すぐに連絡をしてみました。

すると、こちらではウェイティングスタイルではなく、40分間制限の完全予約制とのこと。
しかも、かなり先の時間まで埋まっていると。。。

危うく、メインイベントを開催できずに、娘にぐずられてしまうところでしたが、なんとか、うまいこと夕方に予約を入れることが出来ました。
(その際、翌日の予約も入れておきました)

asian.tea
asian.tea

非常に危ういところでした。。
聞かなければわからなかったし、サイトとかでアナウンスしておいてくれればいいのに。

低層階ながらも、都会の景色と緑が調和して、とっても雰囲気の良いスイミングプールです。

2レーンのみの小さなプールなので、1タイムに4組までとしているそうです。

ということで、40分間はちょっと短いかもしれないですが、娘は満足したようなので安心しました。

あとは、エグゼクティブラウンジのカクテルタイムに行って、食べて飲んで寝るだけですww

なんて、思っていたら、このあと、とんでもない目にあうことに。。

詳細は、次回で。

asian.tea
asian.tea

落ち着け~‼自分~‼

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました