ホアヒン レンタルバイクでエレファントビレッジへ行く

ホアヒン滞在2日目です。
モーニングビュッフェからプール。


その後、ようやく観光に出かけることにしました。
とりあえず、何かホアヒンの思い出になるようなものはないかなと考えていて、ひとつ見つけたのが「エレファントビレッジ」
今回、バンコクにも行きますが、ショッピングや観光を考えるとアユタヤまで行く時間はなさそうだし、ホアヒンの方がかなりリーズナブルらしいことから、行ってみることにしました。
そこで、ヒルトンのスタッフへ相談。
ただし、ヒルトンホアヒンの残念な点がこれ。
エグゼクティブラウンジのスタッフに相談すると、ここでは対応できないとのこと。
そのうえコンシェルジュデスクが無いこのホテル。
レセプションのスタッフに聞くと、エレファントビレッジに予約の電話は入れられるけど、送迎の手配は出来ない。タクシーで行ってくれとの事。
ホテル側の提携サービスが無いにしても、地球の歩き方にはホテル送迎ありって書いてあるから迎えに来てくれないのかなぁなどと思いながらも、来たとしてもあっちの都合に合わせて動くのも面倒だなぁ~
ということで、もう一つ温めていた計画を実行することに。
それはレンタルバイクです!
ちょっと危険は伴いますが、この先どこへ行くにもホアヒンの高いトゥクトゥクを使うことや、乗り合いのソンテウで動くより絶対自由に旅が出来ると思い、実行することに。
ホテルから歩いてすぐのところにバイクをずらっと並べてレンタルをしている場所がいくつもあり、1日200バーツ。
我々が借りたのは少し大きめのスクーターで二人乗りできるやつ。

手続きはパスポートを見せて番号を控えて、後はお金を払って書面にサインするだけ。
とにかくめっちゃ安いのです。
しかし、万一事故を起こしたらほぼすべて自己責任なのは明らかなので、慎重に行きましょう!
それでは、ホアヒン エレファントビレッジに向けスタートです!!

スポンサーリンク

ホアヒン エレファントビレッジ

基本情報

名称エレファント・ビレッジ(ホアヒン)
名称(英)Elephant Village Hua Hin
営業時間8:00~17:00(無休) 
料金トレッキングツアー/30分コース大人600B、子ども 400B、50分コース大人1000B、子ども600B
住所38/47 Hua Hin, Hua Hin District, Prachuap Khiri Khan
アクセス送迎車あり(有料)。 往復でホアヒン市内から約15分、400B チャアムビーチから約30分、800B

アクセスマップ

ホアヒン エレファントビレッジ 訪問記

まずは、グーグルマップでエレファントビレッジを調べました。
そして、バイクにスマホを装着できるわけではないので、一旦頭に入れてから、そちらの方角へ適当に進みます。

良いんです。バイクなので間違えても多少の遠回りもツーリングです。
あ~、自由って素晴らしい!

こんな感じのローカルな道を進みます。

ホテルの部屋から遠くに見えた大仏の横を通り過ぎました。

こんな感じで思いがけないところを見て回れるのも、バイク自由旅の良さですね。
なんだかポップなデザインのデッカイ寺院につきました。

寺院の名前は「ワット カオ イティスカトー」
グーグルマップによると、エレファントビレッジはここの裏。

横に周って裏へ行くと。。
ついに到着、エレファントビレッジに無事付きました!
レンタルバイクさまさまです。

タイには過去何度も訪れている私ですが、当時は節約旅のバックパッカー。
象乗りなんてムダ遣い出来るはずもありません。


そういうわけで、象乗りは初めてなのです。ドキドキ
こちらが受付

事前にwebでチェックしておいたのですが、象の背の上は結構揺れるらしく、長時間はつらいかもしれないとの事。
こちらで1時間コースを勧められましたが、ハーフのコースにしてもらいました。
振り返ると向こう側に像がいました。

この櫓(やぐら)の下にバイクを停めるよう言われたのですが、これってなんの櫓だろうって思ってたのですが、、、

なるほど、これが像乗り場だったんですね。

早速乗り込みます。

結構視線が高くていい感じ。
揺れの方も全然大したことなくて、快適快適。
1時間乗ってても全然大丈夫だとおもいました。

以前モロッコのマアミッドの砂漠でラクダに数時間乗った時の辛さから、ある程度覚悟していたので拍子抜けしたのかもしれません。
途中、我々を乗せた象は自由気ままに木の枝を落としたり、葉っぱをかじったり。

大変のんびりした行程です。
その後、視界の開けた場所に来ると、象使いのおじさんは象から降りて我々のカメラで写真をたくさん撮ってくれました。

その後、彼らの住む集落の中を通ります。

これはどうやら象ピットらしいです。

どんなときに使うんでしょうね。イスとか道具類の取り付けかな。
こちらの大きい建築物も象小屋のようです。いや、小屋じゃないか。

彼らが暮らしている高床式の住居。

ラストにこんな大きな沼の中をジャブジャブ行きます。

その時、相方が「ワニがいる!」っていうわけです。
「まさかぁ~!?」と言いながらもちょっとビビる私。。。
象を降りてから確かめに行ってみました。

オオトカゲでした。
去年マレーシアのプルフンティアン島で見て大興奮だったミズオオトカゲ。
こんなところにもいたかぁ~。
って同じマレー半島ですもんね。

終わった後はパイナップルとミネラルウオーターのサービス。

パイナップルめっちゃ美味かった!
エレファントビレッジ、観光チックなのは否めませんが、結構楽しめたし、いかにもタイに来たなっていう思い出が出来ました。

メッチャポップなお寺「ワット カオ イティスカトー」

その後、隣のポップ寺院「ワット カオ イティスカトー」の見物に行きました。
もちろん入場無料です。

境内はこんな感じにポップですww

躍動感あふれるトラの像ですが、目だよね。
なんともコミカルな雰囲気を醸し出すのは、タイの像に共通する目の独特さだと思います。。

柱にグルグル巻きつく蛇はなぜかかなりの本格派。

そして、メインらしき位置に陣取るのがこちら。

前の修行僧のような像がメインなのか、その後ろの巨大でめっちゃ笑ってる像がメインなのか、よくわかりません。
が、とにかくユニークなお寺なのでした。

こんな風に、気が向いたところにふらっと自由に行けるレンタルバイク旅。
サイコーです。
くせになりそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました