蘭州拉麺 シンガポール チャイナタウンの麺屋さん

いったんラウンジの話題から離れてちょっと食事の話。
今回の旅行の最初の宿はチャイナタウンにあるサンタグランドホテル チャイナタウン。
羽田発のエアアジアで朝7時前にクアラルンプールに着いて、ラウンジで朝食。11時過ぎのジェットスターにのってシンガポールにやってきたのでした。
ホテルに着いたのは午後2時くらい、チェックインまで少し時間があったので荷物を預けてお昼を食べに行くことに。
そこで、近くに何かないかなとシンガポールナビをチェック。
そしたらなんと、結構有名な麺屋さんがすぐ近くにあるというではないですか!
その名は「蘭州拉麺」
うん、なんかうまそうな響きだ。。
ということで、歩いてすぐの蘭州拉麺にやってきたのでした。
シンガマレー2015_R (92).JPG
夕飯はホーカースでいろいろ食べたいな~と思っていたので軽く麺類だけいただくことに。
注文はこちらの2品(2人です)
シンガマレー2015_R (88).JPG
看板メニューのジャージャー麺
シンガマレー2015_R (90).JPG
そして揚げた豚肉の乗った排骨麺
どちらも6ドルちょっと。
ちょっと高いような気もするけど、有名店みたいだし、美味しいならいいかと一口食べてみると。。。
不味い・・・
特にジャージャー麺の方はヒドイ
茹で過ぎたねっちょりしたうどんにそぼろがちょっと入ったスープ分が多めの薄味のみそ。
なんですかこれ?
自分で作った方がよっぽど美味いです。
連れも絶対にそうだねと言ってたので、個人の好みというわけではないとおもうなぁ。
排骨麺の方は、同じのびうどんですけど、まだ肉が揚げたてな分なんとか食べれるレベル。
お店の前に、るるぶが拡大コピーされて張ってあって、店内にも記事が張られていて、なんかその時点で自分で感じ取るべきだったんですね。。。
旅行中食べられる食事の回数というか許容量はリミットがあるわけで、出来るだけ美味しいその土地ならではの料理を食べたいと思っていた自分にとっては、なんだかお腹を損したっていう感覚を覚えたのでした。
これとコーラを頼んで20ドル。
おそらくお通し的な漬物の値段とか税金とかなのかな。
どっちにしても損した気分なので、細かいことはもういいやと、とっとと出てきた次第です。
唯一褒められるのはそのお通しの漬物
シンガマレー2015_R (87).JPG
甘辛でピーナツの砕いたのとか入ってて香ばしくて美味しかった。
店員さんによると餃子や小籠包もおすすめだということです。
私はもうここには行きませんけどね(>_<)

コメント

タイトルとURLをコピーしました