楼蘭の美女に会いに行く

「楼蘭の美女」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
タクラマカン砂漠の東側クムターク砂漠付近にあった砂漠の幻の都市「楼蘭」付近で発掘された女性のミイラなんです。
以前、日本の博物館にも出張していらしたことがあるお方です(笑)
さて、彼女のHOMEの新疆ウイグル自治区博物館に会いに行きました。
b88800048.JPG
訪れた時期、博物館は改装中。
裏手に臨時の展示スペースがあり、そこでお目にかかれます。
しかし、なんだかすごく渋いところにいらっしゃるな~
有名なお方なのに…
入口はこんな感じ
b88800050.JPG
門が閉まってます。
しかも開きません。。
でも、入れます。
なぜなら左側の門の柱が外れいていてそこから通れるから(笑)
チケット売り場も…
b88800045.JPG
このあたりでホントにあの有名な楼蘭の美女がいるのか不安になってきました。。。
さて、このチケットブースの脇にある渋~い建物に入ってみると・・
いました、いましたたくさんのミイラさん達。
砂に完全に埋もれていたため、保存状態がかなり良く、まつ毛もしっかり残っているし、肌の色もなんだか肌色に近い色のものもあって、真っ黒なミイラのイメージとはかなりかけ離れています。
さすがに、美女であるかどうかはわかりませんでしたが、楼蘭の美女と名づけられただけのことはある良い保存状態でびっくりでした。
ちなみにこちらの博物館、ただで日本語ガイド(片言でしたが)が付きました。
最初はチップをねだろうとしてるのかと警戒してたのですが、まったくそんなことはなく丁寧にいろいろ教えてくれました。
記念に彼の写真も載せてあげちゃいましょう。
b88800043.JPG
団体客が来たときにきちんと説明したいからといって、日本語の表現をいろいろ尋ねられて、教えてあげました。
今頃は新しくなった博物館でしっかりガイドしてることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました