絶品マンゴースイーツ マンゴータンゴ(Mango Tango) アジアティーク店へ再訪

ヒルトンスクンビットのティータイムでちょこっとスイーツをいただいたのですが、

せっかくのバンコクです。

ちゃんとしたバンコクならではのスイーツもいただかないとね!

ということで、電車と船を乗り継ぎアジアティークのマンゴータンゴへ1年ぶりに再訪したのでした。

スポンサーリンク

マンゴータンゴ アジアティーク店でマンゴースイーツ

その前にアジアティークについて、改めて触れておきましょう。

アジアティーク・ザ・リバーフロントとは

いつもの「タイ国政府観光庁サイト」より引用です♪

ASIATIQUE THE RIVERFRONT(アジアティーク・ザ・リバーフロント)

19世紀後半、シャム王国(タイ王国の旧名称)はデンマークとの友好条約締結後、ここアジアティークは、当時のハンス・ニール・アンデンセンを社長とするイースト・アジアティーク社がチーク材を海外に送り出すための最初の船着き場となった場所です。またそれは友好条約後、シャム王国が独立国家としての貿易の始まりでもありました。
アジアティークは、このような歴史的背景を尊重し、イースト・アジアティーク社の建物を修復・復元し、当時の栄華を蘇らせることを目的とするASIATIQUE THE REVEFRONT計画のもとに開発されました。
その広さは東京ドーム約2.5個分の広さで4つの地区に分かれ、広大な敷地内には、総数約1,500もの店舗とレストラン約40店舗があります。

Asiatique The Riverfront , Bangkok

https://www.thailandtravel.or.jp/asiatique-the-riverfront/
以上引用終わり

なるほど、そういうわけでレトロ&おしゃれな建物がたくさんのマーケットだったんですね。
ちなみにMBKに負けないくらい安い雑貨や衣類のお店もあるし、とっても高級なレストランもあるし、どんな客層でも楽しめちゃうところなんです。

それでは行ってみましょう~

アジアティークへのアクセス

上のマップのとおり、アジアティークはバンコク中心部から南へ行ったチャオプラヤー川沿いにあります。

前回はミレニアムヒルトンに滞在していたので、ホテル前から専用船で直接アジアティークまで行けたのですが、今回はプロンポン(E5)にある、ヒルトンスクンビット滞在です。

まずは、電車に乗ってセントラル駅(CEN)、乗り換えて船着場があるSathorn駅(S6)(サバーンタクシン駅)へ

駅を出てすぐ前にある船着場からアジアティーク行きの無料シャトルボートに乗ります。

メッチャ混んでます!

帰りが思いやられる。。。

束の間の無料クルージング。

そして、アジアティーク・ザ・リバーフロント到着です!

ひと際目立ってる「マンゴータンゴ」

例の不気味なキャラのマンゴータンゴにやって来ました。

う~ん、、何度見てもかわいくないなぁ

それほど混んでいなかったため、あまり待つことなく店内へ入れました。

今回いただいたのはこちら

マンゴーサルサ。

マンゴータンゴでも定番の人気メニュー

メニュー表にも大きく乗ってます。

間違いなくおいしいマンゴープリンにマンゴーソース(マンゴースイングというらしい)とフレッシュマンゴー、それにココナツミルクがかかっています。

もうひとつがマンゴーワルツ。

こちらは、タピオカミルクの中にマンゴープリンとフレッシュマンゴーが入ってます。

いや~、どちらも甲乙つけがたい美味しさです。

それでも、よりマンゴーらしさを味わいたいならマンゴーサルサがおススメかな。

値段忘れないように写真撮ってきたけど、

美味しい分、それなりにしますなぁ。

まぁ、それでもバンコクに来たら絶対外せないお店ですね。

created by Rinker
¥1,188 (2022/11/28 09:20:28時点 楽天市場調べ-詳細)

さて、お目当てのマンゴースイーツとショッピングを楽しみまして、次は夕飯です。

最後の晩は豪華に行こうということで、ホテルのカクテルタイムはパスです。

サイアムのソンブーンでプーパッポンカリーと行きましょう!!

そういうわけで、アジアティークからサバーンタクシン駅まで戻らないといけないのですが、船着場に行ってみたら超長蛇の列!!

とにかく待つのが嫌いな我々は、別の方法を探します。

ちなみに、タクシーは基本乗りたくないし、こういうところでは必ず吹っ掛けてくるのはわかりきってること。

そこで思いついたのが、すぐ隣にある寺院のところから出ているチャオプラヤーエクスプレス。

これなら無料ではないけど、安く早く戻れるぞと思い、歩いて向かったのでした。

が、大通りに出たところで、ふと一応googleさんにも聞いてみようと思ってスマホで調べたところ。

ここから真っすぐサバーンタクシン駅まで向かう路線バスがあるではないですか!

ということで、その路線バスに乗りまして、さっさとサバーンタクシン駅まで行けたのでした。
(僕らが乗ったのは75番バスですが、その他にもアジアティーク前とサバーンタクシン前は複数の路線が通っているようで便利です)

皆さん、アジアティークからの帰りはバスが一番おススメですよ~

次回、ソンブーンのプーパッポンカリーをレポートします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました