スペイン&モロッコの旅③ バルセロナ到着~ランブラス通りの安宿へ

モスクワ、シェレメチェボ空港です。

搭乗時刻になり、前回お伝えしたスカイチーム専用ラウンジを出て搭乗ゲートへやって来ました。

それでは、まずは最初の宿泊地、バルセロナへ向けて出発です!

asian.tea
asian.tea

すでにお伝えしている通り、埋もれていた昔の旅行を記事にしています。
情報が古い点については、ご勘弁ください。(この旅は2010年)

スポンサーリンク

モスクワ~バルセロナ (アエロフロート)

モスクワ~バルセロナ便の機内食はこんな感じ。
ラウンジでいろいろいただいた後でしたが、せっかくの料理ですから、しっかりといただきました。

そして、ようやくバルセロナへ到着!

お~、初のスペイン語圏だ。

asian.tea
asian.tea

まったく勉強したことないけど、キリル文字よりは何とかなりそうww

(あと、マジでわからんのはハングルとタイ文字ね)

空港から市内までは便利なシャトルバスがありました。

バルセロナの中心地、カタルーニャ広場まで簡単にやってこられました。

ランブラス通りの安宿 「CAMPI」

カタルーニャ広場から南に延びる、バルセロナのメインストリート「ランブラス通り」にやって来ました。

そう、2泊のみの短い滞在なので、効率よくバルセロナを楽しみたいと思い、観光の中心地で宿を予約しておいたのです。

カタルーニャ広場からランブラス通りに入ってすぐのところで通りに接続しているカヌダ通りに予約しておいた宿があります。

カヌダ通り

宿が見つかりました。
Hostal CAMPI といいます。

しかし、入り口には鉄製の柵があって、鍵がかかっているため中には入れません。

入り口の脇を見てみると、このようなインターホンが。

CAMPIの表示がありましたので、とりあえず押してます。

すると、スペイン語で何か応答がありました。
当然、何言っているかさっぱりわかりませんので、とりあえず英語で今夜予約しているものですと伝えると、開けてもらうことが出来ました。

CAMPI 館内

5階建てですが、安宿なのでエレベーターはありません。

安宿のらせん階段。。。

asian.tea
asian.tea

韓ドラ「アルハンブラ宮殿の思い出」

を思い出しちゃいますね!

お部屋はこんな感じのシンプル部屋。

とりあえず、繁華街の宿にきて、このまま寝るのではつまらないので、夜のランブラス通りを散歩します。

街はかなりにぎやかです。
ぼっちなので、誰とも話さずただ歩くだけですけど、それでも楽しいのです。

大道芸人をながめたり。

わき道を探検したり

オシャレな建物のホテルを見学したり

Hotel Montecarlo

おいしそうなパン屋さんを発見!

大量のバゲットサンドが並べられてます。
結構夜遅いんですけど、みんなこの時間に買うのかな。。

というわけで、翌朝の朝食用に一つ購入してきました。

メッチャ美味かった!!

asian.tea
asian.tea

ちなみに、今回泊まった安宿「Hostal CAMPI」について、近況を調べてみたら、すでに廃業していまして、なんと、バルセロナ発の人気ファッションブランド「MANGO」の巨大店舗となっていました!

この右側の建物の奥の小さな明かりがついているところがCAMPIの入口でした。
まさか、フロアをぶち抜いて巨大な店舗になるとは想像も付きませんでした。

翌々日の昼頃、バルセロナを離れますので、実質バルセロナ観光は明日の1日のみ。

asian.tea
asian.tea

明日は朝から晩までバルセロナを観光しまくり、

一日ですべきことをすべてやり遂げます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました