圓山大飯店の館内探検と旧館「金龍庁」「麒麟庁」

台北、圓山大飯店宿泊記。
つづいては、お部屋と館内の様子を書いていきたいと思います。
我々が今回泊まったのは圓山大飯店旧館の金龍庁というところ。
この赤くてデッカイ宮殿のような建物の裏手になります。

この大階段を上って、2階の渡り廊下を奥に進んだところが金龍庁。

台北市内を見渡す新館の裏手の低層棟なので、当然眺望はよろしくありません。
その分お安いということで、我々のような一般人でも気兼ねなくこの圓山大飯店に泊まることが出来たというわけなのです。
さて、建物奥の旧館、金龍庁まで来るとこのようなものが。

これが金龍庁の名称のもとのようです。
観光客を連れたツアーガイドが度々ここに来て何やら歴史を説明していました。

館内の照明器具ひとつ見たってこうですからね。


この金龍庁は歴史が古いだけに、昔の要人が台湾に訪れた際の宿泊場所となっていたそうです。
奥の方へ進むと

こちら、第34代アメリカ合衆国大統領ドワイト・アイゼンハワーが泊まった部屋だそうです。

その他にも色々と名前が付けられたお部屋がありました。

さて、我々のお部屋はというと、こんな感じです。

狭くはないですが、決して最近の高級ホテルの感じはしないですね。
格安ツアーのホテルにちょっと追加して1ランクアップしたときのお部屋くらい?(笑)

シャワーブースはなかなか使い良かったです。

バスタブもありましたが、使いませんでした。

アメニティはホテル名が入った専用のもの

こんな浴衣も用意されてました。

窓からの眺めは岩と木々と新館の裏側でした。
でも基本、朝から晩まで外で遊ぶ台湾旅行なので、お部屋はこんなもんで問題なしです。
ここに泊まったのは話のタネですからね。
さて、新館の方にやって来ました。

つまりあの大きな赤い宮殿ですね。

ゴージャス感のある廊下には左右にお部屋が。
細長い建物ではないこの宮殿です。つまり、片側は建物内側。窓が無いお部屋なんです。
う~ん、高いお金払って新館に泊まっても窓なしって、、、
格安ツアーのパンフレットなどにある「あの圓山大飯店へ宿泊!!」って感じのツアーなどがこの窓なし部屋だったりするらしいです。
そして、台北市街を見渡せるバルコニー付きのお部屋は、さらに追加料金を払った人だけの特権なのだとか。
ツアーで行く方は、部屋指定についてよく確認してからが良いでしょう。

新館の2階にはショップもたくさんあります。
どれも高級品ばかりで我々には縁のないものばかり。

さら~と流して終わり。

文具や雑貨を扱うお店の前にはポストがありました。
ここで絵葉書を買って投函してみましたよ。
(ちゃんと日本の自宅まで届きました)

廊下にある展示スペースには歴史を物語る写真の数々。
冒頭に述べたように、要人接待と言えば圓山大飯店ということだったんですね。

新館と金龍庁の間の廊下から

右側が我々の泊まっている金龍庁。
バルコニーに出ると右側に三重区方面を眺めることが一応出来ます。
バルコニーはとっても小さいですが。
てゆうか、新館の窓側もこっち側だったら眺めだめじゃん!
窓あり、なしだけでなく方角にも注意ですね。

さて、この圓山大飯店、新館と金龍庁の他にも麒麟庁という、もう一つの旧館があります。
こちらは3階建てとなっていて、少し眺めも期待できそうです。
金龍庁からはこんな秘密の通路のようなところを抜けて行くことが出来ます。

進んでいくと宴会場がたくさん。
中華系の方々は大勢で会食が好きそうですからね。

歴史的なお部屋の数々ですが、見たところ現在も現役のようです。

このデッカイスペースは結婚式などの大きなパーティ会場なんですね。

こちらは何やらお偉い方のお部屋を再現した展示コーナーのようです。
詳細は忘れてしまいました。。。

1階にはカフェが入っています。

こんな裏の方でだれか使うのかなと疑問でしたが、結婚式などが入る週末には賑わうのかもしれませんね。

さて、こちらは麒麟庁3階からの眺めです。

低層建築ではあるものの、建物自体が山の上なので眺めは素晴らしい!
台北101までよく見えます。
大みそかに泊まって、あの101の花火を見たいですね。
そして、この麒麟庁からは松山空港もよく見えます。

夜はキラキラとキレイでしょうね。
私は旅行好きからの関連で飛行機も大好きでして、ヒルトン成田に毎年季節ごとに訪問していて、大体年に10泊ほどしています。
それも海外旅行の前泊・後泊ではなく、単に空港と飛行機を眺めつつゆっくりするため。

私がもし台北近郊に住んでいたとしたら、この麒麟庁もそんな使い方にいいなぁなんて感じたのでした。
あっ、でも麒麟庁でも眺めが良いところと裏側のハズレの部屋があるので、予約するときは気を付けた方がいいと思いますよ。

以上、圓山大飯店のお部屋と館内探検の報告でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました